麺の特徴

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

博多ラーメンの特徴として挙げられるのが、細麺です。細麺とは、数あるラーメンの麺の種類でも一番細い麺です。この極細面はラー麦と呼ばれる専用の小麦が使われており、まるでそうめんのように白くて細い麺は、見た目にも特徴的です。ラー麦は加水率が低く、コシがなく粉っぽくて水分を吸いやすいです。伸びやすくなっているので、博多ラーメンの麺の分量は一般的に少ないのです。

博多ラーメンの麺が細くなっている理由は、麺とスープがしっかりと絡むようにするためです。それだけでなく、深夜や早朝にラーメンを食べに来る人が多いのが博多ラーメンの特徴であるため、より短時間で茹でた麺を提供できるように細麺になっているという側面があります。

博多ラーメンの麺の特徴はまた、多くのお店で麺の硬さを指定することができ、さらに少し固めに茹でられているのが特徴です。ハリガネやカタ、バリカタ、やわといったように硬さを指定することができますが、普通で注文したとしても硬めであるため注意が必要です。しかしながら最近では、お店にもよりますが細麺の平麺や若干細い極細麺を提供していることもあります。お店によって違いを楽しむことができるのも一つの特徴です。