博多ラーメンの特徴

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

福岡でも有名なラーメンの一つが、博多ラーメンです。濃厚なスープと細い麺が特徴であり、最近では博多のみならず全国に広がっており、日本中で食べられています。それぞれの店舗で扱うラーメンも異なりますので、現地でも楽しめます。

店員ごく細い麺は、とてもスープが絡みやすく、そして短時間でのメニュー提供が可能です。ほとんどが豚骨スープになっており、濃厚でこってりとしたものばかりが博多ラーメンのスープではなく、あっさりとしたシンプルなタイプの味付けが現地では主流です。具材はチャーシューのほかにネギやきくらげなどシンプルで、紅ショウガが特に博多ラーメンの特色です。

博多ラーメンのルーツは、九州のラーメンの多くがそうであるように、昭和12年に久留米で開業した屋台「南京千両」の店主が作り上げたものから来ているようで、元来は透き通ったスープの久留米ラーメンでした。しかしながら、店主があるとき人にスープの番を頼んだら、似すぎて白濁していた、そしてコクが増していた、そこから博多ラーメンが始まったと言われています。

元来の博多ラーメンは、東京ラーメンのように支那そばがルーツと言われています。鶏ガラに少量の豚骨を加えたもので、スープも透き通っており、たれもしょうゆが普通でした。しかしながら、久留米で豚骨ラーメンが誕生してから、戦後の食糧難などの事情からおいしい香りのする豚骨ラーメンが支持されており、今日では有名なグルメとなっているのです。