そのほかの特徴は?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

博多ラーメンの特徴としてもう一つ挙げられるのが、トッピングや替え玉です。博多ラーメンのトッピングとしてはチャーシューやネギが挙げられます。このような一般的なトッピングだけでなく、紅ショウガをトッピングする人も多いです。途中から紅ショウガを食べることによって、味が変化しておいしいという人もいます。

同じような理由で高菜もトッピングとして挙げられますが、この紅ショウガや高菜は無料でのせられるお店も多いです。他には、チャーシューの枚数を変えることができたり、きくらげや海苔、メンマなどのトッピングもあり、独特の雰囲気を味わえたりします。

替え玉博多ラーメンは、スープが濃厚で麺が極細麺です。そのため、スープが麺を吸いやすくのびやすいので大盛りではなく替え玉で提供するのが一般的です。最初に運ばれてきた博多ラーメンの麺がなくなるタイミングで替え玉を注文すれば、伸びやすい細麺でも伸びることなく食べることができます。替え玉は、博多ラーメンではなく、長浜ラーメンがルーツだと言われていますが、最近では長浜ラーメンとの差異がなくなりつつあります。

博多ラーメンは、シンプルな味でありながらも、奥深い歴史のあるおいしいラーメンです。

スープの特徴

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ラーメン博多ラーメンの特徴としては極細麺だけでなく、もう一つ、豚骨スープが挙げられます。特にラーメンにこだわりを持っている人は、スープにも大きなこだわりを持っています。博多ラーメンのスープは、濃厚な豚骨スープであり、香りはもちろんのこと、満腹感を得ることもできます。

博多ラーメンの豚骨スープは、濃厚であり豚骨を高温で長い時間茹でてだしを取っています。豚骨からはコラーゲンが溶けだし、とろみもある白っぽいスープが特徴です。豚骨スープといってもあまり脂っぽいものではなく、芳醇な仕上がりであって男性だけでなく女性にとっても飲みやすいスープを提供してくれるお店が多いです。

この豚骨スープは、特に博多ラーメンが流行っていた豚骨から染み出た滋味深いスープが戦後の食糧難時代に大いに支持されたということもあり、九州北部に広がっていきました。戦後の食糧難を乗り切るためには、食べやすくて栄養価が高く、香りの強い博多ラーメンが庶民に支持されたのです。博多には、ラーメンを中心とした屋台があることでも有名です。たとえ飲んだ後にでもあっさりと食べることができる、濃厚なうえにも芳醇、そして飲みやすいスープとすすりやすい細麺がマッチしています。

麺の特徴

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

博多ラーメンの特徴として挙げられるのが、細麺です。細麺とは、数あるラーメンの麺の種類でも一番細い麺です。この極細面はラー麦と呼ばれる専用の小麦が使われており、まるでそうめんのように白くて細い麺は、見た目にも特徴的です。ラー麦は加水率が低く、コシがなく粉っぽくて水分を吸いやすいです。伸びやすくなっているので、博多ラーメンの麺の分量は一般的に少ないのです。

博多ラーメンの麺が細くなっている理由は、麺とスープがしっかりと絡むようにするためです。それだけでなく、深夜や早朝にラーメンを食べに来る人が多いのが博多ラーメンの特徴であるため、より短時間で茹でた麺を提供できるように細麺になっているという側面があります。

博多ラーメンの麺の特徴はまた、多くのお店で麺の硬さを指定することができ、さらに少し固めに茹でられているのが特徴です。ハリガネやカタ、バリカタ、やわといったように硬さを指定することができますが、普通で注文したとしても硬めであるため注意が必要です。しかしながら最近では、お店にもよりますが細麺の平麺や若干細い極細麺を提供していることもあります。お店によって違いを楽しむことができるのも一つの特徴です。

博多ラーメンの特徴

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

福岡でも有名なラーメンの一つが、博多ラーメンです。濃厚なスープと細い麺が特徴であり、最近では博多のみならず全国に広がっており、日本中で食べられています。それぞれの店舗で扱うラーメンも異なりますので、現地でも楽しめます。

店員ごく細い麺は、とてもスープが絡みやすく、そして短時間でのメニュー提供が可能です。ほとんどが豚骨スープになっており、濃厚でこってりとしたものばかりが博多ラーメンのスープではなく、あっさりとしたシンプルなタイプの味付けが現地では主流です。具材はチャーシューのほかにネギやきくらげなどシンプルで、紅ショウガが特に博多ラーメンの特色です。

博多ラーメンのルーツは、九州のラーメンの多くがそうであるように、昭和12年に久留米で開業した屋台「南京千両」の店主が作り上げたものから来ているようで、元来は透き通ったスープの久留米ラーメンでした。しかしながら、店主があるとき人にスープの番を頼んだら、似すぎて白濁していた、そしてコクが増していた、そこから博多ラーメンが始まったと言われています。

元来の博多ラーメンは、東京ラーメンのように支那そばがルーツと言われています。鶏ガラに少量の豚骨を加えたもので、スープも透き通っており、たれもしょうゆが普通でした。しかしながら、久留米で豚骨ラーメンが誕生してから、戦後の食糧難などの事情からおいしい香りのする豚骨ラーメンが支持されており、今日では有名なグルメとなっているのです。